そもそも日本三景とは、宮城県 陸前「松島」広島県 安芸の「宮島」
そして京都府 丹後「天橋立」です。
 まず「日本三景」という発想が最初に見られるのは、林 羅山(はやし らざん)の子、林 春斎(はやし しゅんさい)が寛永二十年(1643)に、松島を天橋立・厳島とともに「三処奇観たり」と述べた『日本国事跡考』にあると言われています。
 

 日本人の心のふるさと

 
京をイメージ おかえりなさい 稲穂のロゴ

 
丹後は大昔、大陸から稲作や織物などの文化が伝わった場所として
知られております
そんな日本人としての心のふるさとの宿 「里のやど」 として
営業をさせていただいております
 

 
 

 

おもてなしはほどほどに

家族で営む小さな温泉民宿ですが
どうしても、人手が足りず細かいところまでは目が行き届きませんが
リーズナブルな料金設定や手作り野菜のお料理で旅のお手伝いをさせていただきます